2020年02月24日

何故そんな配置にしてしまう?(ちょっと気になった出来事)

UC00です。
(画像は特に関係ないです)
ここ最近めっきり新フィールドできますという話が減ってきてますが、それでもちょいちょい新しいフィールドできますなんてアナウンスもききます。
現用ドイツ軍


また、既存のフィールドも、ちょいちょいレイアウトを変えて、マンネリ化を防ごうと努力しているところもあります。

一サバゲーマーとして、フィールドのレイアウトが面白い、これはダメだと評価するのはナンセンスな話かかもしれませんが、時にどうしても「何故そうなった?」と苦言を指したくなるようなレイアウトもあります。
ドイツ軍


レイアウトについては、客の意見を聞いて改善する場合や、フィールドの責任者が判断して決める場合と色々あるとは思います。
敷地の広さ、地形、森なのか、オープンフィールドなのか等々


まだ行ったことないフィールドなんかもネット等の情報や、フィールド公式のHPなどで確認しているのですが、ここ最近「何故にこんな場所にこんなレイアウトにしたんだ?」といいたくなるようなフィールドがありました。
アメリカ軍


そこは私は実際にはいったことはなく、初めて見たフィールドでしたが・・・(いつの間にできたんだ?それともこれからできるのか?ってかんじのHPでしたが)

まあ、人それぞれフィールドに好き嫌いはあるでしょうし、私はちょっと苦手なタイプのフィールドだなって感じがしましたが、逆に好んで行く人もいるでしょう。
でも、正直特定の戦い方が好むような配置を、何故にこんな場所に作ったんだろう?と感じずにはいられませんでした・・・・
なんとなくその場所は知っており、レイアウトをしっかりすれば面白くなりそうなのに、なぜわざわざそういう良い面を潰して、特定の人しか楽しめないレイアウトにしたんだ?
というか、周辺に強豪フィールドが多数あるけど、特定の人が好む配置にしてしまってお客さんたくさん来るんだろうか?
もしこのフィールドの責任者が特定の戦い方が好きならば、もっと街中に近い場所や人口の多い場所がよかったのでは?
と、行ったこともない私が、「うーん」と考えてしまう状態。
当然、ネットの情報や公式のHPの内容だけで判断しては良いわけではありませんが。
二号戦車



ただ、結構事前にネットの情報、公式HP、Twitter、Facebookの情報を見ている人は多いですし、実際に私もそうです。
SNSやHPで上がってくる情報で、結構面白そうとか、ここはちょっと行くことなさそうと判断する人も多いかもしれません。
そのフィールドが面白いか面白くないかは個人の差がありますから、きっと人それぞれ感想は違うでしょうし、またすべてのサバゲーマーに万人受けさせなければならないという必要性もないでしょう。

89式中戦車


ただ知りうる限りの情報から周辺の環境に対して、何故わざわざこんなところで、こういう配置のフィールドになるんだっていう話をしたかったのですが、先も言った通り、まだ直接行ったこともないところで、ネットの情報だけを鵜呑みは一番よくないのは重々承知しています。
むろん、私は一サバゲーマーであって、フィールド運営能力など皆無ですから、外野がぎゃあぎゃあ言うなって言われかねません。
しかし、現在把握した情報だけでも、「大丈夫かな?」と思ってしまったので、気になったこととしてこんな内容を書きました。
アメリカ軍


色々意見はあるとは思いますが、今回はここまで(駄文ですいません。)  


Posted by 悠一  at 23:49Comments(0)雑記

2020年02月22日

猫の日だそうなので(=゚ω゚=)

UC00です
2月22日は猫の日だそうですね。


たまにはかわいい猫の画像をということで集めてみました。


まずは、ビア樽のようなボディーが魅力のF4ワイルドキャット(=゚ω゚=)
初戦は零式艦上戦闘機にやられっぱなしだっけど、サッチ&ウィーブという戦法で零式艦上戦闘機と互角以上に戦えるようになりました。
主脚はまさかの手動で引き込み(たしか引き込み用のハンドルを26回転させるはずだったような)で、結構つんのめりやすくて、事故も多かったけど、持ち前の頑丈さでパイロットを守ったわけです。

続いては


グラマン鉄工所は伊達ではない、F6ヘルキャット(=^ェ^=)
ヘルキャットって「地獄猫」って意味ではなく、「あばずれ女」とか「悪女」って意味
元々コルセアが空母運用で失敗したときの保険だったけど、やっぱり最初はコルセアが空母運用で失敗したため、艦上戦闘機として採用。
そして、ワイルドキャット同様頑丈な機体は、あばずれ女とは違って扱いやすかったとか。

次は


零式艦上戦闘機を研究して作られた、F8ベアキャット(ФωФ)
どちらかというと、インドシナ戦争でフランス軍が使ったイメージが強いのですが。
もし、第二次大戦に間に合っていたらどんな戦いをしていたのでしょうかね?
残念ながら第二次大戦には間合いませんでしたが。

次は


双発の艦上戦闘機、F7タイガーキャット(=^ェ^=)
つか、こいつ活躍したんだろうか?
第二次大戦に間に合わなかったけど。
朝鮮戦争とかジェット戦闘機出てきてるけど、あんまり活躍した話をきかない…

最後は


映画で主役にもなったF14トムキャット(ФωФ)
もう、可変翼がチャームポイントのトムキャットだけど、現在は米軍では全て退役し、イラン空軍が使ってるだけ。
しかし今でも人気がある機体。
そして、唯一対空ミサイルでフェニックスを運用した機体。

と、いうことでざっくりとかわいい猫ちゃんの画像でした。(=゚ω゚=)

皆さんどの猫ちゃんがかわいいと思いましたか?
あっ、M18戦車駆逐車のヘルキャット忘れてたぁー

ということで今回はここまで!
(猫じゃなくて戦闘機という突っ込みはなしで)
  


Posted by 悠一  at 19:43Comments(0)雑記

2020年02月16日

久々に貸し切りゲームを開催しました

UC00です。
約1年ぶりにですが、貸し切りゲームを開催しました。


場所ですが、埼玉県加須市にできたフェイトグローブでの開催です。


会社の仲間や他の営業所の方々等、最初は10名ちょっとだったのが、なんだかんだで23名集まりました。
参加してくださった皆さんありがとうございました。

大量に写真撮っていますが、いろいろな関係で、うちのメンバーだけですがブログで画像をアップし、貸し切りゲームの状況を報告です。


例によって主催者の私。
こういった全体ミーティングとかでの指示というのがいつまでたってもへたくそです。
大勢の人の前で話すのは意外と苦手なんですがね・・・

今回は我々の一部メンバーで、マルチカムアライドでコンシャツとコンパンを揃えようという試みをしました。
その結果、ミルフリークスで大量にFFI製のマルチカムアライドを買い込むことに・・・





私、ぶちょう、K2、かみたま、みきなりがマルチカムアライド装備になりました
他にも買った人はいたのですが、仕事で急遽来れなくなったり、買ったはいいけど今日は別装備でという方もおりましたwww
まあ、次のときはきっとJPC買って装備揃えましたという展開になっているんだろうと思っています(笑)



ぶちょうとK2
今回の装備合わせはぶちょうからの提案で始まりました。
最近ミリフォトや某雑誌でマルチカムアライド使っている部隊の写真みかけることもあり、みんなそんな流れにのった感じです(たぶん)。




射撃中のぶちょう。
うちのメンバーでは数少ないトレポン勢です。




射撃中のK2
K2が盾持っているのは盾持ちゲームやったためです。自前のではありませんよ。


同じく装備合わせてくれたみきなり




敵チームになりましたが、みきなりはおいしくHIT取らせていただきました。(UC00談)



今回もカメラマンをやってもらったかみたま




事前準備に協力をしてもらいました。
ところで、写真2枚目は何をしているのですかね?
エアガンで弾ガード?
それHITだろwww
(ネタでやっているだけで、ゾンビではありません)


私です。
気になったのは、JPCは普通のマルチカムですが、パッとみるとアライドとあまり色の区別がつかないような・・・
意外とミリフォトでもぱっと見分からないことあります。




ゲーム中の私。
東京マルイのHK416Cを使っています。
使いやすいんですよね、これが。

マルチカムアライド軍団の他


いつも通りオールドスクールで決めてきたTK氏。
今回色々テストでエアガン持ってきましたが、調整不足だったとか。


それでもTKは装備ブレませんね。相変わらず渋い装備です。
で、今回突然参加した


悠一。
事前連絡が全くなく、突然来たのでびっくりでした(飛び入り参加www)
WWⅡの101空挺隊と、更に渋い装備。




仕事が忙しく、それに加え4月から仕事の関係で福島に転勤なんだとか。って、おい、マジか?


というわけで、オールドスクールと、超オールドスクールのコラボ画像。
次元を超えた戦いが・・・・
これがサバゲの面白みです。
ついでいうと


超次元を超えたコラボレーション

WWⅡ装備とマルチカムアライドでの装備が連携して敵陣を攻めるという図。


で、このロシア軍装備は・・・
実は「もっさん」
今回はベトナムでもアフガンでもなく、現用のロシア軍装備を揃えての登場。


まだ、100%完成した訳ではないので、これからちょくちょくアップグレード図るんだとか。
あ、ヘルメットバージョンの写真撮り忘れた。


で、今回鬼畜使用にカスタムしたMk23を使って猛威を振るった、GS07




東京マルイのMk23ソーコムはただでさえ静かなのに、消音化とトリガープルのカスタム化で更に消音に・・・
出会い頭でボコられる人が続出・・・したようです

・・・・あれ、撮った写真見て気が付いたけど、nextさん参加してたけど写真映ってないんですが・・・
お化け屋敷に籠っていたかしら?(フェイトグローブにはお化け屋敷といわれる室内エリアがあります)


と思って、画像調べなおしたら、盾持ちゲームのスタート前のシーン発見。
ただ、他の画像にも映っていましたが、ブログ使用許可取っていない人たちとのシーンが多かったので・・・
で、


ショットガンで待ち伏せ中。
ところでチョコレートシロップいかがだったですなね、nextさん?(チョコレートシロップの正体は後程)
そして、1枚だけ発見できた


金次郎さん。
家からフェイトグローブがめちゃくちゃ近いというwww
今回知り合いの方を連れてきてくださいましたが、また是非とも連れてきてください。



ということで1日通してゲームやりましたが、途中こちらの手違いで1ゲーム20分近くになるゲームをやってしまいました。
ちょっと余計なシステム加えたのが失敗でした。
それ以外は、まあいつも通りというか。
一応、バレンタインデー後だったので、フラッグゲット賞や、見せ場作った人に景品でチョコレート渡しましたが、おっさんからもらうチョコレートなんざうれしくはないよねぇwww
(チョコレート以外にグミや、チョコレートシロップが混じっていました)
ただ、スタッフ曰く
貸し切りゲームなのに、わいわい、キャッキャウフフがなく、ハイレベルな定例会状態になっている・・・
とのコメントをいただきました。
うちの貸し切りは、基本的に相手を倒し、屍の山を築き上げる、無慈悲な戦場と化すのがいつも通りです。(ちゃんとしたサバゲやってます)
(たまにはキャッキャウフフなこともあってもいいんだけどね)
まあ、今回ベテランだらけだったので、余計にそう見えるのかもしれませんが。

と、ざっくりとですが貸し切りゲームやりましたというご報告でした。


今回はここまで。
  


Posted by 悠一  at 18:33Comments(6)サバゲー

2020年02月12日

本当に閉店してしまったんだ・・・

UC00です。
年明けからインフルエンザと、仕事の一時的な勤務場所変更で思ったように休みが取れず、サバゲもなかなか行けない日々が続いてました。
そんな1月のとある日、ネットを見ていたら・・・
秋葉原のフォートレス1月31日で閉店
のお知らせをフォートレスのHPで見かけたので驚きました。

実際に店側のHPが公表していることだから事実だと思いましたが。
仕事が忙しく直接店に行く機会がなく、2月に入りやっと秋葉原のフォートレスに行ってみると


本当だ・・・orz

で、入り口にあった看板には


閉店の案内が張られていました。

元々名古屋(間違えていたらごめんなさい)のエアガンショップで、関東には最初池袋でオープンでした。
余談ですが、うちのメンバーで、フォートレスが池袋と秋葉原の2か所に店があり、両方閉店したと誤認している人がいましたが、元々は池袋にあった店が秋葉原に移転したわけです。



ネットで見つけた、看板が出ていたころの秋葉原店の写真です。

有名店が関東に来るということで、私としてはエアガンショップが増えて喜びました。
池袋に店があったとき、うちのぶちょうが都内に入院していたため、お見舞いの帰りにちょこちょこ寄りました。
その頃はリアルメント以外にTYR扱っているということで、TYRのポーチ買いに行ったことが多かったです。

ただ、エアガンショップが秋葉原に集中している中、池袋は場所が離れているため不便だなと思いました。
その後秋葉原に移転になり、池袋より行く機会が増え、秋葉原で行くエアガンショップが増えたのはありがたかったです。
秋葉原


秋葉原のフォートレスは秋葉原駅からも比較的近く、目の前はインドアフィールドasobiba秋葉原店と色々条件も良かったように思いました。

しかし、サバゲブームも終わり、そもそもニッチな世界のエアガンがどこの店でも果たしてそんなに大量に売れるのかという疑問はありました。また秋葉原にはエチゴヤという老舗があるほか多数のエアガンショップがあり、隣の御徒町には先に出店していたファーストという強豪店がありました。
これだけ店がいっぱいあると、生き残るためにはその店の特徴や独自性が求められるんでしょう。
別に秋葉原のフォートレスに独自性がなかったというわけではないですが、やはりサバゲブームの終焉と、限られる客層での他店との競い合いは容易ではなかったでしょう。
加えて、店の賃貸料等が高かったのではないかと思います。
秋葉原のメイドカフェの知り合いのメイドさんに聞いてみると、やはり賃貸料はかなり高いと言っています。
都内ということもありますし、先ほども言った通り、比較的駅に近いという条件はその分賃貸料の高さということもあるわけです。

少し話はそれますが、サバゲのブームが終わったとエアガンショップを回って思わされることに
東京マルイの次世代M4の中古品がやたら店頭で売られている
ということです。
サバゲブームのころ、次世代M4が中古で店頭で販売されているということが少なく、なかなか入手できなかったのですが、今では結構な数が出回っているのを見かけます。
あのサバゲブームは何だったんですかね?
当然ですが、エアガンショップに限らずフィールドの閉店というのも多くなったと思います。
エアガンというニッチな世界、サバイバルゲームという誰にでも受け入れられるわけではない遊び、限られるユーザーと、エアガンショップやフィールドは生き残りが大変だと思います。
私個人としては細々としたパーツ関係からエアガン購入とでちょくちょく利用していたこともあり、秋葉原のフォートレスの閉店は非常に残念でした。

ちなみに
今回秋葉原のフォートレスが閉店したわけで、名古屋のフォートレスまでも閉店したという話をしているわけではないので、その辺は誤解しないでほしいです


と、今回はエアガンショップの閉店ということでしたが、今後も閉店する店が出てくるのではないかと心配に思う出来事でもありました。
といったところで、今回はここまで
(いろいろ意見はあるとは思いますが、個人的に思うことです。内容がまずいという指摘があれば今回の内容は消去するかもしれませんのであしからず。)  


Posted by 悠一  at 23:36Comments(2)雑記

2020年02月06日

最近迷彩服を着てサバゲする人が減ったと思う

UC00です。
最近定例会参加して思うことです。(画像は関係ありません)


普段着でサバゲしている人が多くて、逆に迷彩服着てサバゲやっている人が減った・・・


フィールドにもよるでしょうが、最近定例会に参加していてミリコスどころか迷彩服着てサバゲしている人がとにかく減ったと思います。
(関東の方の話で、地方は分かりませんし、関東でもまだミリコスで来る人が多いフィールドもあります)
私もたまに普段着でサバゲすることはありますが、それでも比率的にはミリコスでサバゲをすることが圧倒的に多いです。
アメリカ軍


LE装備とか、PMC的な装備で私服というのは分かりますが、完全に普段着でエアガンがなければミリ要素全くない格好でサバゲをしている人が増えたと思います。

まあ、装備は各個人の自由ですから私がとやかく言うことではありませんが。
しかし、埼玉のとあるフィールドの定例会に参加した時は参加者の1/3しか迷彩服を着ておらず、更にプレキャリなどのミリコス装備の人は自分たちを含め5人くらいしかいない状態のことがありました。

自分がサバゲを始めたころは、むしろ普段着でサバゲ来る人が少なく、ジャージ、ジーパンなどでサバゲしている方が恥ずかしいなんて思う状態だったのが、今や逆転現象してがっつりミリコスで行く方が周囲の参加者やスタッフから奇怪な目で見られることがあり、自分が間違っているのかと思わされてしまうことがあります。
サバゲって、そもそも戦争ごっこだったよね?
ミリコスが間違いってなんかおかしいような気がするんすけど
アメリカ軍


サバゲの敷居が低くなり、誰でも参加できるというのは良いのですが、その一方でちょっとどうなのかと思うこともありました。

経験が長いベテランゲーマーが普段着でサバゲやっているのは、まあ、それはそれでいいとは思いますが、一方で初心者、初級者も同様に普段着でサバゲしている者が多いと思います。
目立つ白いタオルを頭に巻いて、しろいTシャツ着てジャージかジーパンとか・・・

別に構いませんが、そんなかっこうでやっていた初心者さんが
「自分たちは敵を見つけられないのに、なんで自分たちはすぐ相手に見つけられて撃たれるんだろう?」
と仲間内でボヤいていましたが、
そりゃそんな目立つ白いタオルとか、Tシャツとかじゃすぐ見つけることできるし、ベテランからすれば撃ってくださいと言っているようなものだ
と言いたくなりました。
アメリカ軍


前にも書いていますが、サバゲでお金かけたくないとかそういうのは分かりますが、経験豊富で技術でカバーできるベテラン、上級者と、初心者では同じようにできません。
それを補うために目立たなくする迷彩効果だと思うのですが?
アメリカ軍


当然、フィールドとの相性が合わない迷彩服は目立ってダメですけど。

先ほども言いましたが、サバゲの敷居が下がって誰でもできる時代なのはよいことだと思いますし、他人の装備を私がとやかく言えるわけでもありませんが。
でも、もし普段着でやっていて、すぐにやられてしまう初心者さんは、迷彩服着てやってみるというのも一つの方法だと思います。
当然、頭に目立つ白いタオルなんて巻いてはダメですが。
そういえばそもそもサバゲで普段着で、なんて押していた方が某雑誌でいましたが、最近見かけなくなったような・・・



個人的に思ったことなので、いろいろ意見はあるとは思いますし、勘違いしてほしくないのは
普段着でサバゲをやることを否定するつもりはない

ということです。


といったところで今回ははここまで  


Posted by 悠一  at 21:08Comments(2)雑記

2020年01月31日

AIRFLEXをG2からG4まで集めてみた

UC00です。
諸事情から


クレイのAIRFLEXをG2からG4まで集めてみました
お前の膝は何個あるんだ?と言われそうですけど。
取り合えず、それぞれ並べてみたのですが、まあ、進化の過程というか、改良というか、そういったものが垣間見える気がします。

改めてそれぞれを見ていきましょう。
先ずはG2


パッド部分はつるっとしていて、メーカーロゴもない。
クッション部も切り込みや、肉抜きがないもの。
そのため、曲げにくいし、コンパンの中に入れにくしい、通気性も他のに比べると劣る感じがします。
ちょっと古い装備での使用例が多いから、少し前の装備を再現するには必須かと思います。
しかし、絶版品なのでお値段は高く、いまだに20000円くらいの相場で取引されているのを見かけます。(UC00は25000円くらいで買いました。相場変動で一番高かったころかも)
G2はネットオークションや、ネットショップ、ブイショーなどのイベントで販売されていることがありますが、注意点としてメーカーロゴがなく、また生産終了しているといった理由から、レプリカを実物と言い張って高値で売り付けてくる輩がいます。
だいたいレプリカはパッド部分がただのプラスチック系の樹脂で、異様にテカリがあることが多いので、購入の際はよく物を見て、信頼できるショップで買うべきだと思います。

次はG3


現在最もよく出回っていて、使用例が多いのはG3でしょう。
値段も現在5000円から高くても7000円くらいでの販売になっています。
G2の問題点を改良し、曲げやすくなっているパッドとクッション部分。
切り込みを入れてコンパンに入れやすくなったり、肉抜きで通気性を改良しています。


また、マルチカムブラック、トロピック、アライドとバリエーションが増えた関係に合わせてか、パッドもカラーバリエーションが増えています
(うちには通常版と、ブラックしかありませんが、他にグリーンがあります)
G3からはメーカーロゴがパッド部分に入っていて、ここで実物を使っているかレプリカを使っているか見分けられてしまいます。
ロゴは小さいながら、実は意外と目立つ部分ですので、仮にコンパンがレプリカでもニーパッドが実物だと、この人装備分かっている人なんだと思われることが多いです。
また、レプリカは結構破損しやすく、特にパッド部分がクッション部から剥がれやすいので注意が必要です。

そして、最新版のG4


切り込みや、肉抜きに改良がありますが、何より目立つ亀の甲羅のようなパッド部分
上部と中央から下部にかけて溝の深さが違っていますが、おそらく曲げやすさを追求したためでしょう。
G3から考えても、何故にこうなったのか疑問はありますが・・・
パッド部分のメーカーロゴも大きくなっています。
カラーバリエーションもG3同様となっているようです。
お値段も、今のところ6000円から7000円くらいでの販売を見かけますが、そう考えるとG2は値段高いよね( 一一)
G4もレプリカが販売されているようですが、やはりロゴのあるなしは目立ちますし、耐久性はどうなんでしょうか?
G4は独特の溝のため、泥が詰まりやすいように感じます。
あと、気持ちパッドがほかの2種に比べ膨らんで見えます。

もう一度それぞれを並べてみましたが


その時代に合わせ改良を加えているんでしょうけど、本当に同じメーカーが作ったのか?とちょっと疑問に思ってしまうのは私だけでしょうか?
今回は地味ながら実は目立つ装備でしたが、再現したい装備の時期に合わせてAIRFLEXはそろえておいて損はないと思います。
金かかるけどね


と、今回はここまd・・・・
ん、おや?


なんかでかい箱が届いたぞ・・・
これは・・・・?

続く(次回とは限らないけどね)  


Posted by 悠一  at 00:43Comments(0)装備

2020年01月27日

ほんとすいません 久しぶりです そしてマルチカムブラック

UC00です
ほんと久しぶりの投稿で、マジですいませんm(__)m
この間にパソコンを新調したり、装備増やしたり、弟が結婚したり、新年明けたり、インフルエンザにかかってくたばっていたなど、様々な事がありました。
そして、さぼっている間、誰もこのブログなんて見ていないだろうと思っていましたが、なんだかんだで見てくださっていた方がいたのに驚き、そして感謝です。
一人でやることが多くて、昔のようなペースは保てませんが、マイペースで頑張っていきます。

前置きはこの位にして、今回は装備の話です。


夏場に新しい装備として、レプリカでありますが、マルチカムブラックのコンバットシャツ、コンバットパンツを購入しました。
マルチカムブラックは一部特殊部隊で使われているといわれています。
クレイのマルチカムもバリエーションが増えたわけですが、マルチカムブラックがラインナップに入った当時は
なぜこんなもの作ったんだろう?
と思っていたことがあります。
いくつか画像を見つけてきましたが




アメリカ軍



やっぱり黒は目立つよな!
ただ、意外とかっこいいかなと思ってしまった訳で買ってしまいました
私が買ったのは、FFI製のレプリカです。
流石にクレイのは高すぎて買えない・・・(貧乏独身ですので)


生地は実ではないそうですが、それでもよくできています。
FFIはレプリカでも比較的良いものを作っているとは思いますし、上下セットで万札が大量にぶっ飛んでいくこともないので、リーズナブルだと思います。
ただ、一つ気を付けてほしいのが、新品は防虫剤と思われる臭いが半端なくきついです
今までFFI製は、AOR2、ウッドランドのコンシャツ、コンパンを買いましたが、どれも開封時は臭いがきつかったです。
ちょっと試し履き程度ならば我慢できますが、一日あの臭いをかぎ続ければ体調不良を起こしそうです
ですから、新品を買った場合は最低でも一度洗濯した方が良いです(洗剤、香りのよい柔軟剤、アロマジェルは必須ですが)


コンバットシャツです。
他のブログで細かいところは解説しているので省きますが


メーカータグはこんな感じです。


コンバットパンツ。
ウッドランドのコンバットパンツを参考にしたのか、膝の部分にカバーが付いています。
ベルクロで止まっているだけなので、外して中に折りたためば、AIRFLEXのニーパッドが入ります。
で、このマルチカムブラックに合わせ、黒のG3タイプを入手しました。


ちゃんとクレイのAIRFLEXです。
この方がかっこいいとは思います
ただ、個人的な意見ですが、マルチカムブラックに合わせるプレキャリやチェストリグは通常のマルチカムの方がかっこよく、実際に使っていそう感が出せると思います。
マルチカムブラックのプレキャリやチェストリグにすると、架空戦記感が出ているように思ってしまいます(個人的感想)
まあ、この辺は個人の好みかもしれませんし、もしかしたら実際の部隊でも今後はマルチカムブラックのコンシャツ、コンパン、プレキャリという合わせ方をする人が出てくるかもしれませんが・・・
ちなみに、夏場に初使用した時ですが


私はこんな感じで、JPCとヘルメットカバーはマルチカムにしています。
AIRFLEXはこの時黒を持っていなかったので、通常のカラーのG3を使っています。


こちらはゲーム中のかみたま。
やはりJPCは通常のマルチカムにしています。
この配色の方がかっこいいと思うのですが(個人的意見)
ちなみに上下違うカラーのマルチカムで着合わせる場合、上(コンシャツ)は通常マルチカム、下(コンパン)はマルチカムブラックだとしっくりきますが、上(コンシャツ)をマルチカムブラック、下(コンパン)を通常のマルチカムにすると、なぜか分かりませんがしっくりきませんでした。

と、久々のブログ更新なのでざっくりと行きましたが、もしこの内容をみてマルチカムブラックに興味が出ればとは思いますが(ろくすぽまともな解説はしてませんけど)
また、ぼちぼちブログは更新していきますので、よろしくお願いします。
アメリカ軍


今回はここまで


  


Posted by 悠一  at 23:33Comments(0)装備

2019年09月27日

お金をかけたくないというのは分かるけど…

UC00です。
東京マルイからMk46の販売のアナウンスが出ましたが、メーカー希望価格148000円と、かなり高額な物になるようですね。
まあ、色んなギミックや付属品も付くようなのである意味仕方ない事なのかもしれませんね。
そんなわけで、今回はお金とサバゲの事についての出来事と、それについて思ったことです。
(画像と内容は関係ありません)
アメリカ軍


何をやるにしてもそうですが、お金がかかるのは世の常。
当然ですがお金がかからない方が良いと思うのは誰しも同じです。
自分の持てる能力、技術でカバーできるならば良いのですが、どうしても限界があるのも事実。
それを補うために、新しく便利な道具を買ったり、足りない技術や知識をお金をだして学んだり習得するのは決して悪いことだとは思いません。
M4


サバゲにてもそれは同じで、例えばエアガンの取り回しや使い勝手に問題が有れば、それを補うために装備を増設したり、変えてみたり、場合によっては使い勝手や取り回しの良い別のエアガンの入手も必要かと思います。
しかし、中にはそういった面でケチ振りを披露し、挙げ句周りの面々に無理難題を押し付ける者もいます。
M4


とある定例会での出来事
最近一緒に行くようになったように職場の後輩。
メインウェポンは東京マルイの電動MP7オンリー
インドアや交戦距離の短いフィールドでは使い勝手はよく、決して悪い物ではありません。
しかし、中距離、遠距離で撃ち合うフィールドだと分が悪い事があります。
また、ダットサイト等射撃を補助するようなものは一切付けておらず、完全なノーマル状態。
一方技術面はと言えば、正直初心者以下レベル。
他のメンバーが敵がいるから行くなという指示を無視して敵中に突っ込んでやられたり、事前の指示や方針も関係なしに動いて開幕直ぐにやられたりと、最近始めたばかりの初心者の方が上手いと思う始末。
アメリカ軍


そんな本人は
撃ち負ける事
直ぐにやられる事
直ぐに狙って撃てない
というのが悩みどころ。
確かにここ最近MP7では少々分が悪いフィールドばかりだったので、気持ちは分かるのですが。

何とかなりませんかと言われたので、アドバイスで
「MP7とは別の長物を入手して使い分けてはどうか?」
といったのですが、帰ってきた返事は
「お金使いたくないから嫌です」
……そ、そうか…と私は思い、「それならば素早くサイティング出来るよう、レプでいいからダットサイトを買って取り付けたら」とアドバイスしたのですが…
帰ってきた返事は
「嫌です、お金使いたくないから」

……
更に
「銃の性能が悪いのです。何とかしてください」
俺にどうしろと言うのだ!
アメリカ軍


装備面や他のアイテムで足りない技術面をカバーするのは嫌で、挙げ句私含めた他のメンバーの指示や注意も無視して勝手にやられて、挙げ句自分で買ったエアガンの性能が悪いと文句を垂れる。
タイガー重戦車


…いや、きっと何かローンを組まなければならない大きな買い物をしなければならないから節約か、と思って話を聞いてみれば
「老後のための蓄えです」

…まだ20代の者がいうセリフかい?と呆気にとられてしまいました。
だったらこんな金の掛かる趣味なんてやらなきゃいいだろ
それで私にどうにかしろといわれてもどうにもなりません。

趣味なんて正直お金が掛かると思います。
無駄遣いはよろしくありませんが、趣味を続けるためのモチベーションを保つ、安全面を確保する、技術を高める等々、必用によっては設備投資はやむを得ないと思います。
アメリカ軍


まあ、職場の後輩は周りの人間が悪いと言わないだけマシですが、もしサバゲが趣味というならば、もう少し設備投資しても良いのでは?と思います。
強いていうならば、節約とケチは全く違うものですが、ケチな人って必要な所や、お金をかけるべきの所をケチって、凄くどうでも良い高額なもの買ったり、必要ないところでお金を使ったりと、変な所で金銭感覚ずれている事がありますがね(私の個人的感想)
G36



若干愚痴な内容でしたが、お金は大事なことには変わりません。
浪費家な私ですが、少なくとも食いっぱぐれる事は無いように気をつけています。( ´-ω-)

といったところで、今回はここまで!  


Posted by 悠一  at 23:27Comments(1)雑記

2019年09月14日

次世代特有の故障(その2)

UC00です。
今回は次世代特有の故障についてです。
(以前アップしたものの改良番)


次世代の中でもM4、HK416D,C特有の故障になります。

M4は長く使っているとフルオートが撃てるのにセミオートが撃てなくなる症状がでたり、逆に妙にサイクルがモッサリしているのに初速は変わらないという症状がでたり。
メカボックス内に問題が有ることが多いですが、その一方で
ボルトユニットが破損している場合がある

どういうことかというと


画像でパーツ破損しているのが分かりますか?
破損しているパーツだけを撮影したものがこれ


このパーツですが、結構壊れやすいです。
今回サイクルがモッサリするのでメンテナンスしてみて破損に気がついたのですが。
この折れたパーツのため、ボルトユニットとピストンの連動が悪くなるようでモッサリしたサイクルになるようです。
このモッサリ感は他の部分にも負荷がかかるようで、今回メンテナンスしているM4 はスイッチアッセンブリーが焼き付いていました。


ちなみに、ドライバーで指している部分が折れると、フルオートは撃てるのにセミオートが撃てなくなります。
これは、ボルトが後退したさい、折れたパーツが戻らなくなって引っ掛かり、ピストンが動かなくなります。
しかし、フルオートではボルトユニットが強制的に連続で動くために撃つことができます。

当然このパーツを交換すれば問題はありません。
しかしこのパーツは東京マルイでもパーツの在庫がなかなか無いという始末。
しかも、社外製のアフターパーツが有るわけでもないので、なかなか新しいパーツが手に入らない。

最悪この折れたパーツがなくてもボルトユニットが動かないだけで射撃はできるので、外してしまうのもひとつの方法。
ただ剛性の高いスタンダードガンに早変わりしますorz

出来ればこれらのパーツはメーカー側も常に在庫は用意しておいて欲しいですし、社外製のアフターパーツが作れるようにしてほしいと思います。



ということで、今回はここまで!  


Posted by 悠一  at 15:23Comments(0)雑記

2019年09月12日

スタッフが装備を知らないという時代

UC00です。
今回は、最近定例会に参加したときにあった出来事です。(画像と内容は関係ありません。)
アメリカ軍


定例会で注意事項として「ゾンビ行為を発見した場合、その人の装備品等個人を特定して報告してください」という事をフィールドのスタッフが話します。
もう少し突っ込んだ説明をするフィールドでは「マルチカムの服を着ていただけでは、マルチカムの服を着ている人が沢山いると分からないので、どういった銃を持っていたとか、どういった装備品を着けていたか特定してください」と言うこともあります。
アメリカ軍


とある定例会に参加したとき、敵チームにとても「固い」人がいました。
最初私が撃った弾が実は当たってなかっただけかな思ったのですが、他の方々も「あの人固い」と言い出し、敵チームからもその人がゾンビだろうと言われ始める始末。
アメリカ軍


しかも、その人敵チーム唯一のAOR1で装備を固めた、要はネイビーシールズ装備。
目立つし個人が特定出来るということもあり、見かねた自軍のベテランぽい方がスタッフから注意してもらおうと「相手チームのシールズ装備の人が凄く固いんですけど」と話したのですが…
ところがスタッフから思わぬ回答が来たため、話を聞いていた私を含めた自軍の人達が唖然とする。
そのスタッフの回答が
「シールズって何ですか?」
このスタッフが、アルバイトとかであれば仕方ないのですが、フィールドの責任者にあたる人で、そのような立場の人からまさかの装備分からないという回答。
アメリカ軍


装備品等個人を特定して報告してくださいという、事前の注意事項はなんだったのか?

考えてみれば、装備に興味なければ分からないのは仕方ないのかもしれません。
でも、シールズ事態それなりに有名な組織ですし、サバゲに携わっていればせめて有名どころは押さえておいても良いのでは無いでしょうか?
一昔前であれば、フィールドのスタッフならば最低限有名どころの装備は知っていたり、下手すれば非常に詳しい方もいたのですが、最近はそういったスタッフを見かける事が少なくなったように思います。
アメリカ軍


最近はフィールドのスタッフでさえ、サバゲの経験がほとんど無いとか、下手すれば全くやったことが無い人が運営していることがあるなんて話を聞くことがあります。
また、スポーツ感覚で始めた結果、スポーツ的なエアガンばかりの話で、実際の銃を全く知らないなんてこともあるようです。
サバゲやっている人でも、米軍の採用銃だったM16を知らないという人がいるようですから。
アメリカ軍


装備を知らないスタッフが多くなってきた分、装備系のサバゲーマーが来るとめんどくさそうな客が来たという顔をするスタッフも多くなってきたように感じます。
実際にここ半年の間で初めて行ったフィールドでこういった事が何度かありました…

手軽にサバゲができるようになったのはいいのですが、私とような装備好きのサバゲーマーというのがむしろサバゲのマイナーな、変わり者な存在になっているのでしょうか?orz
アメリカ軍


ただ、フィールドのスタッフ、特に責任者にあたるような人であらば、せめて有名どころの装備位は多少押さえておいてもよいのではないでしょうかね?

とまあ、今回の内容は私の個人的に思ったことです。
異論、反論はあると思いますけど。
といったところで、今回はここまで!  


Posted by 悠一  at 23:22Comments(1)雑記

プロフィール
悠一
悠一
ブログを立ち上げたのは悠一。
しかし、今や完全にUC00が投稿しています(笑)
米軍装備、現用ドイツ軍装備、WWⅡ装備のほか、エアガンの修理とかそういったネタも織り交ぜて、更にプラモデルからミリタリーの世界を覗ける様にするつもりです。
< 2020年02月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人